NEWS

6月グラゼニ賞受賞選手の発表!

このたび、香川オリーブガイナーズでは、四国アイランドリーグplusと株式会社講談社モーニング編集部が共同で創設した『グラゼニ賞』において、6月のグラゼニ賞受賞選手が下記のとおり決定いたしましたので、お知らせいたします。

この賞は、本塁打や好守備だけでなく、三振やひとつの走塁など、野球のあらゆるシーンで「お金を払っても見に来てよかった」と観客に思われるようなプレーを見せてくれた選手に、毎月、贈られる賞で、受賞した選手には、『グラゼニ』主人公の中継ぎ投手・凡田夏之介の年収にちなんで賞金18,000円が贈られます。

【6月・香川OG グラゼニ賞 受賞選手】

大原 淳也 (内野手・背番号3)

<受賞理由>

愛媛、徳島との壮絶な三つ巴優勝争い真っ最中の6月16日高知戦。いきなり3点を先制される大ピンチも、切り込み隊長として4安打3打点2本塁打の大活躍で勝利に大きく貢献!昨年まで横浜に在籍した元NPB戦士の貫禄を示すと同時に、前期優勝へのウイニングロードを切り開くものとなり「グラゼニ賞」獲得です!

<表彰式>

7月6日(土) 18:00 レクザム 香川-徳島戦試合前セレモニーにて

【その他の球団の受賞選手】

■愛媛マンダリンパイレーツ

東 弘明 (内野手・背番号52)

<受賞理由>

6月15日、香川との首位攻防戦は4対4で最終回。二死二三塁で打席に立った東選手は香川の守護神酒井選手の決め球を読みきり、三塁線を破るサヨナラタイムリー!チームは惜しくも2位で終わったものの、後期への逆襲を期待して21歳若武者に「グラゼニ賞」です!

<表彰式>

7月12日(金) 17:00 JAバンク徳島 徳島-香川戦試合前セレモニーにて

■愛媛マンダリンパイレーツ

金城 (内野手・背番号42)

<受賞理由> 

6月4日香川戦の2回裏、一死満塁で打席に入った金城選手の打球は、左中間スタンドへ一直線に飛び込むグランドスラム!試合を決定づけ、宇和島のファンに4番の仕事を示しました。3位に終わった前期から後期への飛躍を期す愛媛。そのかぎを握る主砲へ期待も込めて「グラゼニ賞」贈呈です!

<表彰式>

7月14日(日) 18:00 東予 愛媛-香川戦試合前セレモニーにて

■高知ファイティングドッグス

野原 慎二郎 (投手・背番号26)

<受賞理由>

6月1日徳島戦で先発マウンドに立った野原投手は、約1年ぶりとなる今季初勝利。5回一死二塁のピンチには気迫の投球で2人を打ち取り、見事前人未到のリーグ通算50勝を達成しました。ここ数年は右ひじの故障など苦しみに苦しみながらも、野球をあきらめなかったベテランの復活劇に「グラゼニ賞」です!

<表彰式>

7月7日(日) 18:00 高知 高知-徳島戦試合前セレモニーにて

以上

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE