TOPICS

香川OG vs 徳島IS 前期6回戦

試合結果

2010年6月4日(金)香川オリーブガイナーズ 対 徳島インディゴソックス 前期6回戦

18:00開始 レクザムスタジアム 527人

[徳島] 1 0 0 2 1 0 0 0 1 計5 H12 E1

[香川] 1 0 0 1 0 0 1 1 0 計4 H11 E1

勝:弦本(1勝2S) 負:橋本(1敗8S)

【継投】

徳島:竹原、片山、岩崎、岩根、弦本-山村

香川:上野、前川、キム、橋本-上ノ下、西森

 

【二塁打】

徳島:関口、國信

香川:洋輔

 

本日のボールボーイ&スタメンキッズは、香西汐風クラブのみんな!

10060401.jpg

 

この日の始球式は、ウィッツ青山学園高等学校 丸亀校と高松校より、3名の生徒さんが参加!

しかも!35名の生徒のみなさんが、ガイナーズバスで応援に駆けつけてくれました!

10060402.jpg

10060409.jpg

 

ハイタッチ★

10060403.jpg

 

前節、徳島との敵地3連戦負け越してしまったガイナーズ。
何としてもホームで立て直しを計りたいところ。

ガイナーズの先発は上野啓輔。

10060404.jpg

 

しかし、いきなり揺さぶられます。

先頭の関口に初球いきなりバントヒットを決められると、
その後、盗塁と送りバントで三塁に進まれて…
國信に先制打を許してしまいます。

 
その裏、今季2試合目の登板となった徳島先発の竹原を攻め、
チャンスで洋輔が三塁線を強烈に破る同点のタイムリーツーベース!

2回、3回と切り抜けた上野!
…でしたが、4回に犠牲フライと、自らのタイムリーエラーで2点を献上…
その裏には甲斐のタイムリー1点を返しますが、
直後の5回、関口にこの日3本目のヒットを許すと、
また國信に犠牲フライを許し、再び2点差とされます。


イベントはポスタークイズ!

問題は・・・『背番号5・大分県出身・高卒ルーキー★』この選手は誰でしょう?

10060406.jpg

 

答えは甲斐弘樹選手!

この日活躍しただけに・・・勝ちたかった!

10060405.jpg

 

上野の後を継いだのは前川勝彦!
先日、徳島打線に初黒星を付けられた借りは返すとばかりに、
この日もテンポ良く投げ込み、2回を無失点!反撃を待ちます。


するとガイナーズのラッキーセブン!
先頭の甲斐弘樹が15球!粘った粘った!そしてフォアボールを選ぶと、
大きな歓声がスタンドから巻き起こります!
このチャンスから1点を返したガイナーズ!
更にウレシイニュースは、ケガから帰ってきた中村真崇!
代打で起用されるとサードの横を破る復帰後初ヒット!
主役が一人戻ってきました~♪

ポスタークイズ抽選会で見事、甲斐弘樹選手のサイン入り使用済み公式球が当たった皆さん。

おめでとうございます!

10060407.jpg

 
それでもまだ1点を追いかけるガイナーズは8回裏、
1死一、三塁からまたまた甲斐が粘って8球目に
ショートへゴロを放つと、一塁走者大野武洋が好スライディング!
三塁から代走の枡田克也がホームに、甲斐は一塁を駆け抜け、甲斐は今日2打点目!
とうとう同点に追いついたガイナーズ!
 
押せ押せの展開!
こうなると9回はクローザー橋本亮馬が登場。
ゼロに抑えて9回裏へと繋ぎたいガイナーズ。
東、神谷と順調に打ち取り、関口もファーストゴゴロ…と思った瞬間、国本和俊の前で大きく跳ね上がり、まさかの二塁打で出塁を許します。
斎藤フォアボールの後、3番の國信、今度はファースト国本が身体で止めに行きますが
鋭い当たりは無情にも国本を強襲するタイムリーツーベースになり勝ち越されると、
最後は徳島のクローザー弦本の前に今度は封じ込まれ、ゲームセット。

ツキがドコかに逃げていったガイナーズ…、ここ…!ファンの皆さん!正念場ですよ!?
 

高松市優秀選手賞表彰。

今日は笠井要一選手と、徳島・関口選手が選出されました。

10060408.jpg

 

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE