TOPICS

香川OG vs 長崎S 前期6回戦

試合結果

6月6日(日)香川オリーブガイナーズ 対 長崎セインツ 前期6回戦

ダブルヘッダー第二試合

第一試合終了30分後 レクザム 904人


[長] 0 0 0 0 0 0 0 0 2 計2 H07 E3

[香] 0 1 0 0 1 0 0 5 X 計7 H14 E5

勝:前川(7勝1敗) 負:土田(1勝7敗)

【継投】

長崎:土田、石田、小林-熊本

香川:キム、前川、上野、西崎-上ノ下

 

【三塁打】香川:洋輔

 

熱戦勝利の興奮さめやらぬ間に、第二試合がスタート!

二試合目のボールボーイ&スタメンキッズをつとめてくれたのは、

榎井ブレイザー少年野球クラブのみんな!

100606b01.jpg

 

始球式は、香川県議会議員 宮本ひろみ様

100606b03.jpg

100606b04.jpg

 

選手とハイタッチ☆

100606b06.jpg

 

続く第2試合はキム・ギョンテが初先発のマウンドに。
ナックルボールを駆使し、ここまで0点台の防御率をマークのスーパーセットアッパーが
この日は限定3イニングの先発マウンドへと向かいました。

100606b02.jpg


2回に駒井へデッドボール、富岡のヒットで無死一、二塁のピンチを招きますが、
熊本の送りバントをキムが処理すると三塁送球!見事に二塁ランナーを封殺!
更に金崎も送りバントを試みますが、コレもキムが三塁に送球!
リプレイを見るかのような好フィールディングでピンチを脱します。

100606b05.jpg

するとその裏、国本和俊、藤嶋紀之の連打でチャンスを作り、
大野がバスターで進塁打を放つと、2死二、三塁からラッキーボーイ甲斐弘樹がショートへのゴロ。
コレを陽耀華がファンブルし、三塁から国本が生還!この試合も先制点を奪います。

3イニングスを無失点に今日も抑えてキム・ギョンテからのバトンを受け継いだのは
第1試合に続いての連投となる前川勝彦。

100606b07.jpg


5回に1死一、二塁のピンチで大西に投じた一球はセンターに弾き返されますが、
センター笠井要一のバックホームが上ノ下健のミットに吸い込まれると
ナイスブロックで水口をタッチアウトに!
守りで今度はビッグプレイが飛び出します!

するとピンチの後にはチャンス有り!
その裏、先頭大原淳也がヒットと盗塁、笠井の送りバントで三塁まで進むと、
四番の洋輔は当たり損なったサードゴロになりますが、コレが幸いしタイムリー内野安打に!
コレをキッカケに洋輔のバットは火を噴き出すんです…。

前川は5回までの2イニングスを無失点に抑えると、
6回からは上野啓輔が登板。

100606b08.jpg


7回に自らの悪送球も含め、何とアンラッキーな3つのエラーが飛び出してしまい
無死満塁の大ピンチ!
しかし、今日の上野は慌てず騒がず。
松原をファーストライナー、大西をショートゴロゲッツーに打ち取り、
ここも長崎に得点を許しません!

長崎先発の土田の前になかなか追加点を取れなかったガイナーズ打線ですが、
8回石田にピッチャーが代わると、
先頭代打の三國慶太がサードへの内野安打で出塁!
上ノ下が送って、甲斐がフルカウントからフォアボールを選び1死一、二塁のチャンス。
ここで更にピッチャーが小林に代わりますが、お構いなし!
大原はファーストファールフライに倒れますが、
この時に二塁ランナー代走で登場していた枡田克也が三塁へナイスタッチアップ!
コレが効いたか、笠井要一がセンター前タイムリーで3-0!
更に満塁となって、洋輔があわやレフトスタンド!
走者一掃の3点タイムリースリーベースを放ち勝負を決定づける6-0!
洋輔は3打席連続ヒットで完全復調の気配!
そして国本和俊も負けずに今日5本目のヒットとなるタイムリーで7-0!

上野は3イニングスを無失点!
9回は西崎康真が2点を失うも7-2で勝利!

首位高知は今日も負けませんでしたが、自力で半歩前進!
ゲーム差を2に縮めました!

試合終了後は、二試合分の高松市優秀選手表彰が行われました。

第一試合は中村真崇選手、第二試合はキム・ギョンテ選手。

100606b13.jpg

 

続いて、ガイナーズ勝利投手賞の贈呈です!

100606b12.jpg

100606b15.jpg

 

ヒーローインタビューは、キム・ギョンテ選手!

100606b14.jpg

 

さあ、次回のホームゲームは6月11日(金)!

レクザムスタジアムで17時開場、18時開始のナイトゲームです!

前期優勝をかけ、負けられない闘いが続くガイナーズ!熱い声援をお願いします!

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE