TOPICS

香川OG vs 徳島IS 後期3回戦

試合結果

2010年8月6日(金)香川オリーブガイナーズ 対 徳島インディゴソックス 後期3回戦

『よみうり夏祭りシリーズ』

18:00開始 レクザムスタジアム 2,534人

[徳島] 3 0 0 2 2 0 0 0 0 計7 H10 E0

[香川] 3 0 2 0 0 0 2 0 0 計7 H12 E0

【継投】

徳島:光安、片山、竹原-山村

香川:上野、西村、酒井、キム-西森、上ノ下

 

【三塁打】

徳島:猪澤

香川:大原

 

【二塁打】

徳島:白川大

香川:国本、中村、西森、洋輔

 

スタメンキッズ&ボールボーイは弦打シャークスのみんな!

10080615.jpg

 

元気いっぱい!

10080602.jpg

 

高松まつりをPRに、『ものっそ隊』のみなさんが来場!

10080616.jpg

 

続いて、スタジオティアラのみなさんが演舞を披露!

10080601.jpg

 

両チームに、高松まつり広報委員&ものっそ隊のみなさんから、記念品として『高松ごじまん品』が贈られました。

10080603.jpg

10080604.jpg

 

始球式は、弦打シャークス ピッチャー・真子祐輝君と、

10080605.jpg

 

西田監督のご子息・尚弘君です。

10080606.jpg

 

大観衆の熱気あふれるナイトゲームは、波乱含みの試合となりました。

10080617.jpg


ガイナーズの先発は先週の長崎遠征で2勝をマークした上野啓輔!
しかし、立ち上がりコントロールが定まらないところに、徳島打線が襲いかかります。
ツーアウト満塁から六番・白川大輔に、走者一掃の3点タイムリーツーベースを打たれてしまいます。
その一方で、初回に取ったアウトは全て三振の上野。
二回以降はやってくれそうな雰囲気?

10080608.jpg

 

・・・が、徳島打線も黙ってませんでした。
四回に猪澤、神谷の連続タイムリーですぐに同点に追い付くと、
五回には山村、東のタイムリーで7対5と逆転され、
激しい打ち合いに詰めかけた大観衆も目を白黒させます。

 

この日は毎年恒例の『よみうり夏祭りシリーズ』!

豪華賞品が当たる大抽選会を開催!

抽選いただくのは、香川県読売会会長・渡辺修様です。

10080609.jpg

◆香川県読売会会長賞:1名様

◆読宣四国賞:2名様

◆読売旅行賞:5名様

◆報知新聞賞:6名様

◆読売連合広告賞:1名様

◆高松まつり賞:5名様

 

ご当選された皆さん、おめでとうございます!

10080612.jpg

10080613.jpg

 

試合は後半!リリーフでマウンドに上がった酒井大介は
五回こそ勝ち越しとなるタイムリーヒットを許したものの、
六回、七回と二つずつの三振を奪う力投を見せ、自身は3イニングスを無失点ピッチング!
反撃の時を待ちます。

10080611.jpg

 

多くの風船が夜空を舞ったラッキーセブンのガイナーズ!
ここまで粘ってきた徳島先発の光安を攻め、ノーアウトフルベースの大チャンス!
ここで大原淳也がライトの頭を遥かに越していく同点打!!!
ついでに一塁ランナー加登脇卓真もホームに突っ込みますが
コレは徳島の中継プレイの前にタッチアウト!!!逆転はならず・・・。

10080618.jpg

 

八回、九回はキム・ギョンテ。しっかりゼロに抑え、サヨナラ勝ちへと期待を膨らませる大観衆!

そんなガイナーズ最終回の攻撃!
竹原から先頭の大原が三遊間を破るヒットで出塁すると、
代打・甲斐弘樹がしっかり送ってワンナウト二塁!
となると当然、中村は敬遠されてしまいますが、
ここで回ってきたのは、この日3打点の国本!
その前の守備でも華麗なプレイを見せ、ノリに乗るクニ!
・・・でしたが、この打席はショートゴロダブルプレイで試合終了!
惜しくも7対7のドローゲームとなりました。
 

高松市優秀選手賞は、

香川:大原淳也選手

徳島:猪澤海選手

10080614.jpg

 

7日(土)、8日(日)と蔵本球場で徳島インディゴソックスとのビジター2連戦を戦うガイナーズ。

ホームに帰ってくるのは、20日(金)、21日(土)の観音寺シリーズ、

そして22日(日)のレクザムスタジアム!

後期優勝に向けて着実に勝ち星を伸ばしたいところですが、

選手のタイトル争いも気になるところ!

8月のホームゲームは熱戦必至!熱中症対策も万全にどうぞご来場下さい!

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE