TOPICS

8月28日 綾歌中学校部活指導

野球教室

香川県の「トップアスリート育成事業」の一環として実施している中学校の部活指導、
 
丸亀市立綾歌中学校で、3回目の指導を行いました。
 
指導するのは、中野耐、伴和馬、大川修也、涌嶋大希、小栗健太の5名です。

昨日に続き、ウォーミングアップ終了後にポジション別に分かれ指導を行いました。

 

ピッチャーは中野選手、伴選手が担当

子どもたちが目指す投球スタイルを聞き、投球フォームの改善を行いました。

P2020377.JPG

子どもたちも選手に聞きながら、自分の投球スタイルの確認。

その投球スタイルに合った練習方法を選手に熱心に聞いていました。

 DSCN0418.JPG

 

キャッチャーは大川選手が担当

今日はキャッチャーの指導をみっちり行いました。

まずはキャッチャーの基礎、捕球姿勢の確認。

P2020371.JPG

次にバックホームの捕球練習。

一回一回捕球態勢を確認し、フォームの改善を行いました。

DSCN0454.JPG

続いては盗塁阻止の送球練習。

送球時のステップを確認。

確認した後、実際にホームベースで練習。

DSCN0488.JPG

 

内野手は涌嶋選手が担当

昨日の基本姿勢を再確認してから、ダブルプレーの練習を行いました。

捕球態勢、送球時のステップの確認をし、実践!

DSCN0442.JPG

涌嶋選手がノックをし、ダブルプレーの練習。

全員で声をかけながら、ひとつひとつの動きを確認。

DSCN0461.JPG

 

外野手は小栗選手が担当。

ノックをうち、基本のゴロとフライの捕球とバックホームへの送球練習。

外野手の子どもたちに1球ごと声をかけ、捕球場所や送球の仕方をアドバイス!

「ナイスプレー!」と声をかけていました。

P2020368.JPG

 

続いては内野手・外野手に分かれて、捕球態勢の確認。

内野手は涌嶋選手がひとつひとつの動作を説明。

グローブの位置、ボールの正面に必ず入ること、腰を落とす、ひざのむきなど丁寧に指導。

P2020412.JPG

外野手は小栗選手がフライの捕球姿勢とゴロの捕球姿勢を指導。

ゴロの場合はボールのバウンドを見て、合わせて入り、グローブは自分の体より前に構えるとアドバイス!

子どもたちにわかりやすいように、実際にプレーをしながら説明。

P2020418.JPG

 

トレーニング方法を伝授!!

実際にプロが行っているトレーニングを行いました。

下半身を安定させるには大切なトレーニング!

P2020461.JPG

DSCN0520.JPG

毎日続けて下半身をしっかりさせ、安定したプレーができるように頑張ろう!

 

今日が綾歌中学校での指導は最終日!

ガイナーズの選手から教わったことを忘れずにこれからも練習を行ってください。

新人戦での活躍を期待しています!

綾歌中学校の皆さん、指導者の皆さん、保護者の皆さんありがとうございました。

 

 

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE