TOPICS

11月9日 水口選手が埼玉西武ライオンズと仮契約

その他

 11月9日(金)、水口大地選手が埼玉西武ライオンズと仮契約をし、

その後、記者会見を行いました。

P2100050.JPG

まずはじめに、香川オリーブガイナーズ 川畑省三球団社長よりご挨拶を述べさせて頂きました。

川畑省三球団社長コメント:

「本日はお忙しい中、報道陣の方々に集まって頂きありがとうございます。本日、水口選手と埼玉西武ライオンズとの仮契約がまとまりましたので、ご報告いたします。水口選手が一日も早く支配下登録なり、一軍で活躍している姿を見れるように引き続き応援宜しくお願いいたします。」

P2100056.JPG

続いて埼玉西武ライオンズ 編成部 育成・アマチュア担当 渡辺智男様より、今回の指名の経緯をお話いただきました。

「水口選手を指名した経緯は内野ゴロからの一塁までのタイムが特に早く、また広い守備範囲、安定した送球などが特に目立ち、埼玉西武ライオンズの補強ポイントに一番当てはまった選手でした。足をいかしたプレーでイチ早くレギュラーを取れるように頑張ってもらいたい。」

P2100061.JPG

西田監督は水口選手へエールを送りました。

「今後はさらなる努力をしてもらい、ライオンズのために頑張ってもらいたい。四国アイランドリーグ5年目で長崎時代から苦労して入団することができたことは大きい。長崎時代は感情を表に出していたが、ガイナーズに移籍してきたからは感情を押しこらえ、必死に練習をしていたことが今回の指名につながったと思います。環境が整ったNPBでしっかりとバットを振り込んでもらいたい。四国アイランドリーグでやってきたことを活かし、自分自身に負けないようにしてもらいたい。」

P2100065.JPG

そして埼玉西武ライオンズ育成1巡目で指名された水口選手はNPBの舞台に行く抱負を語りました。

「NPBでやるからにはレギュラーを目指してやりたい。まずは支配下登録されるように1日1日を無駄にせず頑張りたい。目標とする選手は片岡選手。走塁や盗塁の技術がすごいと思うので、参考にしたいと思います。NPBの舞台に行くことは嬉しい気持ちや不安な気持ちがあるがやらないといけないという気持ちが強い。打撃、守備、走塁の全ての面において、一つひとつ場面に応じた最高のプレーをしたい。」

P2100067.JPG

メディアの注目も高く、多くの報道陣の方が駆けつけてくれました。

DSCN8523.JPG

1日でも早く支配下登録され、活躍している姿を見れるように頑張って欲しいですね!

P2100089.JPG

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE