TOPICS

2012シーズン御礼報告会

チーム

11月21日(水)、高松国際ホテルにおいて2012シーズン御礼報告会を開催いたしました。

香川オリーブガイナーズのスポンサー様、自治体関係者様、香川オリーブガイナーズ後援会会員の皆様など

約250名の皆様にお集まりいただきました。

2012112101.JPG

まずは壇上に西田真二監督、伊藤秀範コーチ、勝智コーチ、選手一同、トレーナーが登場し、

初めに、香川オリーブガイナーズ球団社長 川畑省三より、ご参集頂いた皆様へのご挨拶させていただきました。

「今年は、前期優勝、総合優勝とまずまずの結果でしたが、NPBへ星野選手、水口選手が選ばれました。
ガイナーズはこれまで16名の選手をNPBへ送り出していますが、他のチームに比べると、圧倒的に輩出しており、
まさに真骨頂だと思います。これも単衣にスポンサー、自治体、マスコミ、ファンの皆様のご協力の賜物です。
これからも地に根を下ろし、地域へ貢献して参りたいと思います。」

2012112102.JPG

続いて西田真二監督から今シーズンのご報告をいたしました。

「今年一年支えてくださったスポンサー、ファン、後援会、自治体の皆様に感謝します。
今年はリーグチャンピオンフラッグは持って帰りましたが、日本一のフラッグは持って帰れませんでした。
しかし、選手はベストを尽くしましたし、今後に活きてきます。
頑張った選手に労ってあげたいです。」

2012112103.JPG

また、挨拶の途中に今シーズン限りで引退する高尾選手を檀上に呼びメッセージを贈りました。

「彼がいなかったから日本一を逃したと言っていいほど、2年前の日本一の時は勝利に大きく貢献してくれました。
NPBとは縁がありませんでしたが、こういう影でチームに貢献してくれるプレーヤーがいるんです。
みんなの前で言いたかったのは「ありがとう」という一言です。」

2012112104.JPG

そして、ご来賓の皆様を代表し、香川県知事・浜田恵造様にご祝辞を頂戴いたしました。

「今年は、見事、総合優勝を果たし、あるべきものが返ってきたと実感しております。
来年は、新しい強いガイナーズ、常勝ガイナーズを目指して頑張ってほしいです。
また、グラウンドの外でも地域貢献をし、子どもたちに夢と希望を与えてくれています。
これから、また一緒に地域を盛り上げていきましょう。」

2012112105.JPG

続いて、高松市長・大西秀人様にご祝辞を頂戴いたしました。

「独立リーグ日本一までは届きませんでしたが、2年ぶりの総合優勝おめでとうございます。
今年の干支が辰ということで、シーズン前に、画竜点睛とはならないようにと申したところ、見事"目"を付けてくれた
と思っております。来年は、GCSで戦った新潟アルビレックスBCの応援に負けないよう、地域で一緒に盛り上げていきましょう。」

2012112106.JPG

そして、香川オリーブガイナーズ後援会・松田清宏会長にご挨拶と乾杯の御発声を頂戴いたしました。

「ここにチャンピオンフラッグがあるのとないのとでは全然違いますね。選手には「ご苦労様」と言いたいです。
来年は、皆様が応援に来る際に「もう一人」連れてきてくだされば、会場も盛り上がり日本一のフラッグが
こちらに掲げられるかもしれません。今後も、変わらぬご声援よろしくお願いいたします。」

2012112107.JPG

乾杯後、各テーブルのお客様たちと選手の歓談がはじまります。

2012112110.JPG

そして、歓談途中に駆けつけてくださった衆議院議員・小川淳也様にもご挨拶を頂戴いたしました。

「野球好きの私にとってはガイナーズを誇りに思います。
人は逆境で強くなります。来年の皆さんの頑張りを、心より応援しております。」

2012112108.JPG

また、衆議院議員・たまき雄一郎様にもご挨拶を頂戴いたしました。

「私は、この四国アイランドリーグは、「夢を抱き、夢へ挑み、夢が叶う」場だと思います。
これから「ドリームガイナーズ」となることを願っております。」

2012112109.JPG

続いて、衆議院議員・平井たくや様にもご挨拶を頂戴いたしました。

「来年はもっといい年にしたいと思います。
このような民間のスポーツが元気になるよう、一緒に頑張りましょう!」

2012112111.JPG

続いてドラフト指名選手、2012シーズンのタイトルホルダー、ベストナインの選手等が壇上に揃い、

ショートインタビューが行われました。

2012112112.JPG

山野恭介選手(最多勝利・年間MVP・投手ベストナイン)

「すごくいい一年でした。新潟との試合が一番印象に残っています。
来年は広島で活躍したいと思いますので、応援よろしくお願いします。」

2012112113.JPG

星野雄大選手(東京ヤクルトスワローズ5巡目指名・捕手ベストナイン)

「指名を受け、会見のときにヤクルトの帽子を被ったときに実感が湧きました。
来年はヤクルトで一軍で活躍できるよう頑張ります。」

2012112114.JPG

水口大地選手(埼玉西武ライオンズ育成枠1巡目指名・最多盗塁・二塁手ベストナイン)

「来年は育成からのスタートですが、早く支配下登録されるよう頑張ります。
これからもガイナーズの応援をよろしくお願いします。」

2012112115.JPG

桜井広大選手(指名打者ベストナイン)

「ガイナーズは一人一人の意識や能力が高かったので、それで総合優勝できたと思います。
自分のできることはやってきたと思います。来年も諦めず頑張っていきたいです。」

2012112116.JPG

島袋翔伍様(外野手ベストナイン)

「前期はMVPをとりましたが、後期はケガで調子が落ちてしまいました。
来年は、星野選手、水口選手に続いてNPBに行くこと、日本一をとることを目指して頑張ります。」

2012112117.JPG

また、今年一年共に球場で盛り上げてくれたハニーオリーブからも一言ご挨拶がありました。

「この一年、ガイナーズに関われたことが本当に嬉しかったです。ありがとうございました。」

2012112118.JPG

今シーズン限りで引退をする、香川県出身の高尾健太選手に、「香川オリーブガイナーズ功労賞」

を球団社長 川畑省三より贈呈しました。

高尾選手は、2007年にガイナーズに入団し、2010年・2011年には最多勝利・最多奪三振のタイトル

を獲得する等、ガイナーズに大きく貢献しました。

2012112119.JPG

高尾選手より一言ご挨拶をいたしました。

「まだガイナーズでプレーできるという方もいらっしゃるかと思いますが、僕の中では、もうお腹いっぱいです。
これからは、香川で働き、次のステップで頑張ります。応援ありがとうございました。」

2012112120.JPG

日頃、香川オリーブガイナーズにご支援を頂いておりますスポンサー様を代表して

株式会社マルハン 西日本営業部 西日本第2エリア エリア長 金丸直樹様よりご祝辞を頂戴いたしました。

「歴代のエリア長は球場に行った際は、ガイナーズが負けたことがないと聞いております。
私もその歴代のジンクスにあやかれるよう、来年も応援していきたいと思います。」

2012112121.JPG

続いて、株式会社セイア 専務取締役 谷俊典様よりご祝辞を頂戴いたしました。

「本日は会場に熱気が溢れています。
これからも、地域、社会と共に、なお一層ガイナーズを盛り上げるよう応援していきましょう。」

2012112122.JPG

最後にチームを代表してキャプテン・国本和俊選手より皆様にお礼のご挨拶をいたしました。

「スポンサー、ファンの皆さまのおかげで、自分たちはこの一年プレーできました。
来年は、日本一をとり、一人でも多くの選手がNPBに行って、またこの場で良いご報告ができるよう頑張ります。
今後も、応援よろしくお願いします!」

2012112123.JPG

香川オリーブガイナーズ球団代表 堀込孝二よりご支援、ご声援下さいました皆様へ御礼のご挨拶をいたしました。

「今年のスローガンである「PRIDE」は、"香川の誇りになりたい""誇りを持って戦いたい"という意味を込め、
この一年戦ってきました。チームは日本一をとることができず、球団としても目標の観客動員数まで達することが
できませんでした。来年は、この宿題をクリアできるよう、頑張って参ります。応援よろしくお願いします。」

2012112124.JPG

2012112125.JPG

本日は、お忙しい中、足をお運びいただき、本当にありがとうございました。

2012112127.JPG

今季は独立リーグ日本一は逃しましたが、

前期優勝・総合優勝・ソフトバンク杯優勝を果たし、2名の選手をNPBへ送りだすことができました。

これもひとえに日頃ご支援賜っておりますスポンサー様、自治体関係者様、県内野球団体、球場関係者様、

そしてファンの皆様のお陰です。

今シーズンのご支援・ご声援、本当にありがとうございました。

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE