TOPICS

10月14日 香川OG vs 群馬DP グランドチャンピオンシップ第4戦

試合結果

[香川]010 010 000 計2 H5 E0
[群馬]000 103 00× 計6 H8 E2

勝:トーレス 負:石田

<継投>
香川OG
投:石田-箱島(6回裏途中)-又吉(8回裏先頭)
捕:三好

群馬DP
投:トーレス
捕:速水-小見山

本塁打:三好(香)、井野口(群)、富田(群)
三塁打:
二塁打:

本日は、日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップの第4戦。

昨日に続き、前橋市民球場での試合となります!引き分けでも群馬の優勝が決まる大事な一戦です!

20181014001.JPG

本日の先発ピッチャーは背番号18の石田哲也です!

20181014002.JPG

石田は初回から緩急をうまく使って群馬打線を抑えます!3回までで4奪三振の好投!

20181014003.JPG

しかし、1点リードの6回にランナーを2人出した場面で、群馬5番の富田に初球を狙われ、センターへ逆転の3ランホームランを打たれてしまいます。

石田は6回途中で降板、5安打に抑えるも2本塁打が響き、敗戦投手となってしまいました。

20181014006.JPG

2番手は箱島、3番手で又吉が登板!ともに無失点としガイナーズに流れを持って来たいところです!

20181014007.JPG


打線は前回1安打完封負けを喫した、群馬先発のトーレスから,、2回にキャプテンの三好がセンターへソロホームランを放ち先制点!

201810140010.JPG

201810140011.JPG


201810140012.JPG

同点の5回には、四球で出た井戸川が相手のミスで3塁に進み、2番の妹尾のセカンドゴロを相手がエラー。

2-1と勝ち越し点を奪います!

201810140013.JPG

201810140014.JPG

しかし、5回以降はチャンスを作るも、あと1本が出ず、試合は2-4で敗戦となってしまいました。

最後は妹尾が三振し群馬ダイヤモンドペガサスの優勝が決定しました。

201810140015.JPG

群馬ダイヤモンドペガサスは2年ぶり2回目の独立リーグ日本一となります。

201810140016.JPG

201810140017.JPG

201810140018.JPG

ガイナーズは2010年以来の独立リーグ日本一を逃す結果となってしまいました。

201810140023.jpg

試合後には西田監督から、選手へ挨拶が行われました。

201810140020.jpg

今シーズン、最後までご声援ありがとう御座いました。

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE