TOPICS

10月2日 愛媛MP vs 香川OG チャンピオンシップ第4戦

[香川]000 010 200 計3 H8 E0
[愛媛]000 000 200 計2 H6 E0
※香川6年ぶりの年間総合優勝決定

勝:石田 S:原田 負:四戸

<継投>
香川OG
投:箱島-石田(5回裏途中)-又吉(8回裏先頭)-原田(9回裏途中)
捕:岡本-三好

愛媛MP
投:四戸-樽見(6回表先頭)-河津(8回表先頭)-クインティン(9回表先頭)
捕:福田

本塁打:
三塁打: 
二塁打:福田(愛)、ぺレス(愛)

観客動員数:388人
試合時間:2時間54分

本日は、チャンピオンシップ第4戦!!
昨日と同じく、坊っちゃんスタジアムでの開催です!
昨日敗戦し、対戦成績は2勝1敗。
本日勝って年間総合優勝を手にしたいです!!
オープニング1.jpg

1002オープニング3.JPG

1002オープニング2.JPG

本日先発を任されたのは、左腕 箱島章矢。
箱島は立ち上がりコントロールよく、1回、2回を3人で抑えます。
1002箱島1.JPG

1002箱島2.JPG

3回に愛媛の福田にツーベースヒットを打たれるなどで、一死一三塁としますが、後続を三振で抑え無失点。
この日箱島は5回途中まで投げ、被安打3、7奪三振と好投し、いい形で石田にマウンドを譲ります。

1002箱島三振1.JPG

1002箱島三振2.JPG

1002箱島降板.JPG

打線は、愛媛先発・四戸のキレのあるストレートに変化球を織り交ぜたピッチングに、4回まで無得点に抑えられますが、5回、白方がファーボールを選び続く中村、岡本の連続安打で一死満塁のチャンスに、井戸川がきっちり犠牲フライを放ち先制点を奪います。
DSC_0262.JPG

DSC_0365.JPG

1002白方ホームイン.JPG

1002白方ホームイン2.JPG

そして7回のラッキーセブンには、一死一三塁のチャンスに、内野ゴロの間に1点を追加し、なおもチャンスで井戸川がライト前へのタイムリーヒットを放ち、愛媛を突き放します。
1002中村1.JPG

1002中村2.JPG

1002岡本1.JPG

井戸川のタイムリー
井戸川は今日2打点の活躍☆
1002井戸川タイムリー1.JPG

クリスの代走岡村ホームイン
1002岡村ホームイン.JPG

中村ホームイン
1002中村ホームイン.JPG

3点リードで迎えた7回、箱島からマウンドを受け継ぎ好投していた石田が、先頭打者に死球を与え続く5番ぺレスにツーベースヒットを打たれると、内野ゴロの間に得点を与え、1点差と迫られます。
1002石田1.JPG

1002石田2.JPG

続く又吉も3つの四死球でピンチを招き・・・
1002又吉2.JPG

1002又吉ピンチ.JPG

ここでセーブ王の守護神原田を投入します。
1002原田投入.JPG

DSC_0117.JPG

愛媛4番ぺレスの一塁線を抜けそうな打球を、一塁手多賀がうまく反応し、ピンチを切り抜けます。
10028回1.JPG

10028回2.JPG

10028回3.JPG

そして最終回、原田はランナーを背負いますが、最後は2三振でゲームセット。
1002原田最終回三振.JPG

選手たちはベンチを飛び出しマウンドへ駆け寄ります。
1002優勝瞬間.JPG

愛媛まで駆けつけてくれたファンの皆さんから紙テープで祝福を受けます。
DSC_2348.JPG

そして西田監督胴上げ。
IMG_1306.JPG

続いて近藤コーチ。
IMG_1319.JPG

天野コーチ。
1002天野コーチ胴上げ.JPG

優勝監督・西田監督インタビュー。
1002西田監督インタビュー.JPG
「苦しい戦いとなりましたが、選手たちはよく戦ってくれました。
グランドチャンピオンシップは楽しんで戦って欲しいと思います。」

その後、総合優勝表彰セレモニーが行われ、四国アイランドリーグplus坂口裕昭理事長より西田監督、三好キャプテンに表彰状、優勝カップ、チャンピオンフラッグが渡されました。
DSC_2381.JPG

チャンピオンシップ最優秀選手賞に選ばれたのは、原田宥希投手。
3試合(投球回 4 1/3回) 2S 5奪三振
DSC_2404.JPG


最後まで応援してくださったファンの皆様、応援ありがとうございました!!
今週末から始まる、独立リーグ日本一をかけたグランドチャンピオンシップでも応援よろしくお願いします!!
DSC_2304.JPG


★優勝記念写真★
優勝.jpg

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE