TOPICS

2018年プロ野球ドラフト会議特集ページ

ドラフト情報

いよいよ、10月25日(木)に、NPBドラフト会議を迎えます!

昨年は11年連続で続いていた、ガイナーズからのドラフト指名が途絶え悔しい結果となってしまいました。

今年は、昨年指名候補となった選手を始め、多くの選手がドラフト会議で指名されることを目標に日々過ごしてきました。

このページでは、ドラフト会議に向けた香川オリーブガイナーズの選手情報のほか、ドラフト当日の模様などもお届けします!

《2018年NPBドラフト指名会議》

日時:2018年10月25日(木)17:00開始予定

主催:一般社団法人日本野球機構

特別協賛:大正製薬株式会社

中継:テレビ=TBS系列全国ネット放送、スカイA

   ラジオ=ニッポン放送

   インターネット=Paravi、Baseball Gate、Sports Bull

URL:http://npb.jp/draft/2018/

【2018ドラフトHPスポンサー】順不同、敬称略

■ゴールド協賛

M&A

■シルバー協賛

あやうたヒポップ動物病院清水木材株式会社手芸センタードリーム

■ブロンズ協賛

御菓子処 乃だや、山城商事株式会社、丸亀トーヨー住器株式会社、齋藤 正幸、株式会社かまど
山北食堂 赤ちょうちんLTS野球教室、株式会社惣田農機三豊ベースボールショップ野球屋
有限会社好川商運、株式会社タカハタ、有限会社藤樹

★注目選手★

背番号16 投手 原田 宥希
生年月日:1994年10月29日
出身:大阪府
身長 / 体重:180cm / 80kg
投打:右・右
IL在籍年数:4年目
16原田.jpg
大阪体育大学浪商高校、滋賀・高島ベースボールクラブを経て、2015年に香川オリーブガイナーズ入団。
2018シーズンは2勝2敗16セーブ、防御率リーグ1位(1.47)を記録。また最多セーブ(16)のタイトルを獲得。
サイドから繰り出される最速150キロの速球と鋭く曲がるスライダーが武器。
球種はストレート、ツーシーム、スライダー、カーブ、シュート。
原田1.JPG

2018ドラフト原田2.JPG

2018ドラフト原田3.JPG


背番号52 内野手 妹尾 克哉
生年月日:1998年11月18日
出身:兵庫県
身長 / 体重:178cm / 76kg
投打:右・左
IL在籍年数:2年目
52妹尾.jpg
神戸国際大学附属高校から、2017年に香川オリーブガイナーズ入団。
2年目となる2018シーズンは、打率.356で首位打者のタイトルを獲得。
足も速く、走・攻・守の三拍子揃った選手で、気迫あふれるガムシャラなプレーと、勝負強い打撃がセールスポイント。
2018ドラフト妹尾1.JPG

2018ドラフト妹尾2.JPG

2018ドラフト妹尾3.JPG

【2016年のドラフト会議の様子】

2016年10月20日(木)、2016プロ野球ドラフト会議が行われ、香川オリーブガイナーズの松澤裕介選手が読売ジャイアンツより育成8巡目で指名されました!

緊張した面持ちで会見場に並ぶ、松澤選手と原田選手!

6O6A8229_R.JPG

6O6A8239_R.JPG

指名の瞬間を見届けようと、多数の報道陣の方もスタンバイしています。

DSC_0121.JPG

本指名の1巡目、2巡目、3巡目、4巡目・・・と次々に指名される選手たち。

なかなか、2人の名前は呼ばれません。

待つ間に、徳島インディゴソックスの福永選手が阪神タイガースより6巡名指名を受けました。

ここで、支配下選手のドラフトは終了・・・。

休憩を挟んで育成のドラフト指名となるも、なかなか呼ばれません。

6O6A8300_R.JPG


時刻は20時を過ぎ、指名する球団がどんどん減る中、最後の最後で「松澤 裕介」の名前が呼ばれました!

全体の最終指名 読売ジャイアンツの育成8巡目での指名となりました!!

6O6A8419_R.JPG

指名の瞬間、頭が真っ白になった松澤選手!

6O6A8407_R.JPG

その後、西田真二監督、松澤裕介選手、川畑省三球団社長が出席し、会見が行われました。

6O6A8497_R.JPG

6O6A8521_R.JPG

6O6A8508_R.JPG

松澤裕介選手コメント

「応援してくださったファンの皆様、スポンサーの方々、チーム関係者、皆様に感謝したいと思います。本当にありがとう御座いました。
昨年の怪我で1年間、本当に苦しかったですが、監督、コーチがいつも叱咤激励して頂き、チームメイトから励まされたので、本当になんとも言えない気持ちです。指名会議の途中、諦めてたので、今は何にも考えられない思いです。
この1年は人生で1番忘れられない色々学んだ1年間でした。改めて感謝する気持ちの大切さ、
支えて頂いた方々の事だったり、耐えたり、苦しい事に立ち向かっていく力など、これからの人生の糧になると思います。
ジャイアンツには昨年に続き、今年も指名を頂いたので、その期待を裏切らないように明日から頑張りたいと思います。
NPBでは持ち味のフルスイングでファンの皆さんを沸かせるような選手になりたいと思います。

6O6A8569_R.JPG

6O6A8683_R.JPG

最後に記念撮影を行いました!

6O6A8699_R.JPG

6O6A8733_R.JPG

6O6A8741_R.JPG

2016年プロ野球ドラフト会議特別協賛

かどや製油株式会社 様

香川証券株式会社 様

【2017年のドラフト会議の様子】

本日、2017プロ野球ドラフト会議が行われました。

ガイナーズからは、原田宥希、高島秀伍、三好一生の3選手が球団からの指名を待っていました。

IMGP6379.JPG

17時から始まったドラフト会議ですが、3人の選手の名前はなかなか呼ばれません・・・。

途中、徳島インディゴソックスの伊藤翔選手が埼玉西武ライオンズから3位指名!

さらに、育成ドラフトでは、徳島インディゴソックスの大藏 彰人が中日ドラゴンズより育成1位指名を受けました。

しかし、その後も3選手が指名をされることはなく、今年のドラフト会議は終了してしまいました。

香川オリーブガイナーズでは、2006年から続いたドラフト指名が11年連続で途切れてしまう、残念な結果となってしまいました。

ドラフト会議終了後には、三野環代表取締役社長、西田真二監督の囲み取材を行いました。

IMG_3942.jpg

DSC_5605.JPG

IMG_3944.jpg

【三野環代表取締役社長コメント】
11年連続という記録が途絶えてしまった事は残念ではありますが、原田をはじめ選手は一生懸命に頑張ってきました。この結果、心機一転リセットして新たな気持ちでまた来シーズンに向かって選手達と頑張っていきたいと思います。


【西田監督コメント】
一言でいえば残念。11年連続で輩出してきましたが記録を続ける事の大変さを感じています。
原田、三好、秀伍は頑張っていましたが、徳島球団のの伊藤、大藏に比べるとやはり指名されなかったという事は、何かが足りなかったという事だと思いますので来年は指名されるよう頑張って欲しいと思います。
BCリーグの球団も増え、良い選手の確保という面でも争いは熾烈になっていると思います。
来年に向かって改めてしっかり編成をしていきたいと思います。

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE