TOPICS

香川オリーブガイナーズ球団人事について

この度、香川オリーブガイナーズ球団株式会社におきまして、201921日付けにて球団会長および球団代表交代の人事を行う事になりましたので、下記のとおり、お知らせ致します。

                                                                                      記

<香川オリーブガイナーズ球団(株)会長人事> (201921日付)
■退任:川畑 省三(かわばた しょうぞう) 


新会長:和泉 享(いずみ とおる)
<新会長プロフィール>
和泉 享(いずみ とおる) 53歳 香川県出身 
(主な経歴)
1983
年:飯山高等学校卒業
1983
年:電気工業を中心に創業
1991
年:有限会社サクセスに組織変更・代表取締役就任
1993
年:株式会社サクセスに組織変更
2017
年:香川オリーブガイナーズ球団(株) 共同オーナー
2019
21日:香川オリーブガイナーズ球団(株) 代表取締役会長就任

[川畑省三コメント]
 「アイランドリーグ発足直後よりガイナーズ球団の運営に携わり、8年間の球団社長・2年間の会長職を経て、この度球団運営より退かせていただくことになりました。在任中はファンの皆様をはじめ多くの関係者の方々に大変お世話になりましたことを厚くお礼申し上げます。

新しい風の中でガイナーズが更なる躍進を遂げられますよう心から祈念し、併せて三野社長をはじめ新しく就任された和泉会長・前田球団代表には倍旧のご支援を賜りますことを切にお願い申し上げ、長年のご厚情への感謝の言葉に代えさせていただきます。本当にありがとうございました。」


[和泉享コメント]
 「この2年間は、球団を共同オーナーという立場で支援させて頂いていましたが、さらなる経営基盤の強化と人材育成を目指し就任をお受け致しました。人材育成では、選手として野球に専念できる環境を整備し、一人でも多くの選手をNPBへ輩出したいと考えております。

さらに、地域の方々に愛される選手、球団づくり目指して邁進して参ります。今後とも皆様には変わらぬご支援、ご声援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」

 

<香川オリーブガイナーズ球団(株)代表人事> (201921日付)
■退任:平井 賢治(ひらい けんじ)


新代表:前田 恭典(まえだ やすのり)

<新代表プロフィール>
前田 恭典(まえだ やすのり)  59歳 鳥取県出身
(主な経歴)
1983
年:同志社大学文学部社会学科卒業
1983
年:鳥取銀行入社
1984
年:株式会社日鋼サッシュ製作所 入社
1999
年:株式会社日鋼サッシュ製作所 取締役就任
2003
年:株式会社日鋼サッシュ製作所 常務取締役就任
2004
年:株式会社日鋼サッシュ製作所 専務取締役就任
2004
年:株式会社日鋼サッシュ製作所 代表取締役社長就任
2019
21日:香川オリーブガイナーズ球団(株) 球団代表就任

[平井賢治コメント]
 「2017年からの2年間、ご支援、ご声援頂いた、ファン、スポンサー、行政、報道関係者の皆様、ありがとうございました。昨年は総合優勝を果たすことが出来ましたが、この2年間NPBからのドラフト指名選手を出すことが出来ず、球団代表として責任を感じております。今後は新体制となりますが、より地域に愛される球団となれるよう、香川オリーブガイナーズ球団への変わらぬご支援、ご声援の程何卒よろしくお願い申し上げます。」

[前田恭典コメント]
 「就任に際し、話を伺う中で何とかして香川オリーブガイナーズを経営者サイドの球団代表として香川県の皆様に、また四国の皆様に、さらには日本中の皆様に今まで以上にもっと知ってほしい、応援して欲しいという思いになり就任致しました。どこまで出来るか分かりませんが、就任した以上、全力を注いで香川オリーブガイナーズの再建、躍進の為に努力して参る所存で御座います。ファン、スポンサー、行政関係者、報道関係者の皆様、何卒よろしくお願い致します。」

                                                                                                                                                                                                                                                                    以上

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE