TOPICS

香川をがいに元気にし隊(綾川町)

今回は香川をがいに元気にし隊の森崎友星選手と石田啓介選手が綾川町にある
「主基斎田(すきさいでん)記念館」を訪問しました!


綾川町は古くから米どころとして知られ、香川県ブランドのおいでまいや山田米の産地でもあります。
質の良いコメの産地であることから町内に二つ酒蔵を有する県下有数の酒どころとして知られています!


「主基斎田(すきさいでん)」とは、
天皇が即位して最初の新嘗祭である大嘗祭に奉納する新米を栽培した御田のことで、
綾川町では大正天皇即位の際に選ばれました。


今回2人が訪れた主基斎田(すきさいでん)記念館は、
新穀を供納(くのう)してから100周年を迎えられたことを記念し建設されました。
大正天皇即位後の大嘗祭主基斎田で使用された農具や当時の様子写真など大変貴重な資料が展示されています。

森崎選手と石田選手も初めは少し難しいなと思っていましたが、
映像やパネルでの解説があるのでイメージしやすく学習することができました!


また、6月に行われる「主基斎田お田植えまつり」では
再現された当時の衣装を身にまとい「お田植え歌」にあわせ、大正当時そのままに古式ゆかしいお田植えを行います。
近年では、地元の小学生も参加し、慣れない水田の中で「苗渡し」を手伝っています。

 
綾川町出身の森崎選手、今回も地元の新たな魅力と歴史を発見することができました!
是非皆様も1度足を運んでみてください!


「主基斎田(すきさいでん)記念館」
https://www.town.ayagawa.lg.jp/docs/2016062800012/

主基斎田.JPG

主基斎田2.JPG

主基斎田3.JPG

主基斎田4.JPG

主基斎田5.JPG

主基斎田6.JPG

ARCHIVE

CATEGORY ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE